So-net無料ブログ作成
検索選択

「大きな一歩、きちんと審理を」=決定に笑顔−面会人らに奥西死刑囚・名古屋拘置所(時事通信)

 「(異議審決定の)取り消しは大きな一歩。今度こそ、高裁の場できちんと審理して」。名張毒ぶどう酒事件で、名古屋拘置所(名古屋市東区)に在監中の奥西勝死刑囚(84)は6日午後、最高裁決定を受けて面会に訪れた支援者や弁護士にこう話し、笑顔を見せた。
 弁護団の小林修弁護士(57)らによると、面会室に現れた奥西死刑囚は青色セーターにグレーのズボン姿。風呂に入ったばかりで血色が良さそうだったという。
 弁護士らが「取り消して、(名古屋高裁に)差し戻した」と決定内容を読み上げると、同死刑囚は一瞬、意味が理解できないという表情を見せた。「勝ったんだよ」と説明すると、「良かった、良かった」と応じた。
 奥西死刑囚はその後、「わたしは冤罪(えんざい)です。一日も早く再審をしていただき、冤罪を晴らしたい。それまで頑張ります」と下を向きながら、一言一言考えるように語った。 

【関連ニュース
〔写真ニュース〕「冤罪、晴らしたい」=奥西死刑囚
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
〔用語解説〕「海外での日本人死刑問題」
〔用語解説〕「中国の死刑制度」

悠仁さま お茶の水女子大付属幼稚園へご入園(産経新聞)
外国人参政権に反対 市民団体が東京支部(産経新聞)
<海洋観測船>二酸化炭素濃度に異常値 原因は装置の不具合(毎日新聞)
「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)
鳩山首相 「私も毎日、切られている」 殺陣見学でぼやく(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。