So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<天皇、皇后両陛下>農林水産祭受賞者らと懇談(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は25日、皇居・宮殿で第48回農林水産祭天皇杯の受賞者らと懇談した。園芸、畜産、蚕糸・地域特産、林産、水産など7部門あり、受賞者らは両陛下にパネルなどを使って日ごろの活動を説明した。

 天皇陛下は「みなさんがさまざまな困難を乗り越え、研究と努力によって大きな成果を収め、農林水産祭や地域の発展に寄与されたことをうれしく思います」とあいさつした。両陛下は受賞者らに「どこを一番苦労されましたか」などと熱心に質問した。

小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気(産経新聞)
<鳥取不審死>上田容疑者、派手好きで子煩悩(毎日新聞)
<東京都議補選>島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?(毎日新聞)
MR認定試験、年1回実施で最高の合格率(医療介護CBニュース)
<平野官房長官>米大統領の広島訪問の意向を歓迎(毎日新聞)

<明石歩道橋事故>元副署長を強制的起訴へ 検審が議決(毎日新聞)

強盗致傷などで山口組淡海一家の幹部ら11人逮捕(産経新聞)

 知人らを脅して暴行し、車を奪ったなどとして、滋賀県警は21日、強盗致傷や組織犯罪処罰法違反などの疑いで、指定暴力団山口組淡海(おうみ)一家の若頭補佐、山田浩二容疑者(42)=大津市坂本=ら組員など11人を逮捕、同市内の淡海一家本部を家宅捜索した。

 県警によると、淡海一家は山口組組長の出身団体、弘道会(名古屋市)との結びつきが強く、取り締まりを強化していた。

 逮捕容疑は、昨年9月、大津市内で現金を脅し取ろうと知人の男女計4人を呼び出し、「いますぐ1500万円用意しろ」などと脅して携帯電話や車を強奪。このうちの男性1人に暴行を加えてけがを負わせたほか、4人を車内などに監禁したとしている。

 県警などによると、淡海一家は構成員、準構成員合わせて約50人。京都府警が昨年12月、みかじめ料名目の別の恐喝容疑で総長の高山義友希容疑者(52)を指名手配している。

【関連記事】
組幹部、偽バイアグラを販売容疑で逮捕
中国から覚醒剤密輸で元組員起訴 体内に150グラム隠す
カラオケ代払わず逃げる 容疑の暴力団員逮捕 埼玉
山口組、年賀状に「謹賀新年」ダメ…組長服役中で自粛か
山口組、一般の親子にお年玉配る…最高3万円の現金も

雑記帳 IRISのロケ地・横手のかまくら、ソウルに出現(毎日新聞)
2次補正、25日に衆院通過=与党、28日成立の方針(時事通信)
千葉に猪口元少子化相=参院選で7人公認−自民(時事通信)
<衆院予算委>午後に党首対決 谷垣総裁「政治とカネ」追及(毎日新聞)
<交通安全大会>年間スローガン 内閣総理大臣賞など表彰(毎日新聞)

捜査介入のつもりない=「不起訴望む」発言で釈明−鳩山首相(時事通信)

個人資産4億数千万円=陸山会の土地購入時−積み立ては妻子名義・小沢氏資金(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で、小沢氏が土地購入代に充てたとする資金について、関係者が21日、同氏側の主張の詳細を明らかにした。小沢氏には過去に約7億円の個人収入があり、土地を購入した2004年10月の時点でこのうち4億数千万円を保有。この中から土地代金の4億円を陸山会に貸し付けたという。
 この関係者の説明などによると、小沢氏は1998年ごろ、金融機関の破綻(はたん)が相次ぎ銀行が信用できなくなったため、大手信託銀行に妻と子供の名義で積み立てていた資金の大部分に当たる、約3億円を引き出した。引き出した資金は、現金のまま自宅に置いていた。
 その後、01年には、銀行に残していた残りの約6000万円を引き出し、同氏の個人事務所に現金で保管した。
 銀行資金の名義は家族だったが、実際の所有者は小沢氏本人だった。妻子名義にした理由は、将来、資産を家族に残すためだったという。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

米兵の公務外犯罪、国の賠償責任認めず 横浜地裁判決(産経新聞)
雑記帳 500系“引退”記念バウムクーヘン(毎日新聞)
岸和田周辺でひったくり5件、同一犯か 大阪(産経新聞)
名古屋市が住基ネット離脱へ=原口総務相に方針伝える−河村市長(時事通信)
不安定さが健康へ? ウオーキングシューズが静かな人気(産経新聞)

【新・関西笑談】探せ未来の虎戦士(4)阪神スカウト 田中秀太さん(産経新聞)

 ■キーマンは2人の同級生 ベテランの底力を長く見ていたい。

 −−昨年9月23日に甲子園球場で行われたウエスタン・リーグ最終戦が引退試合。スタンドには7千人のファンが詰めかけてくれた

 田中 本当は鳴尾浜球場で行われるはずだったんですよ。でも球団が配慮してくれて。ボクは平成17年から1軍では5年間、ヒットを一本も打っていなかった。なのに、セレモニーをやっていただき感謝でした。こんな幸せ者はいない。一生の思い出です。

 −−年末にチームメートや関係者が集まって盛大な食事会をしたと聞いたけど、これもチーム内外で慕われていた証しなのでは

 田中 金本(知憲、阪神外野手)さんや鳥谷(敬、阪神内野手)が来てくれました。赤星(憲広、元阪神外野手)からは「自分が秀太と同じ年に引退するとは思ってもいなかった」といわれて大笑いでした。

 −−事情通の田中スカウトに、タイガースの裏話を聞きたいんだけど、赤星の引退は寝耳に水だった

 田中 いや、あいつが首が痛くて眠れない、昨年10月に全国各地の病院でみてもらったが、あまり診断結果はよくなかったと聞いていました。ボクなら年俸5千万円(赤星の昨年の年俸は2億5千万円)でいいから、もう1年現役でいさせてくださいと球団に頭を下げてお願いしていたでしょうけど。

 −−城島(健司、阪神捕手)選手が入団したけど、あれには驚いた

 田中 昨年末に城島と電話で話をしたんです。同級生ですからね。5年ぶりの日本球界復帰で燃えていましたよ。甲子園でプレーするのも楽しみだと。

 −−城島選手が阪神の雰囲気に溶け込めるか不安視する声もあるけど

 田中 ボクは注目されるとびびってしまうが、彼はプレッシャーを楽しむタイプだから大丈夫。九州男児を絵に描いたような男。根はすごくマジメだけど気が強いし、思ったことは包み隠さず口にする。阪神は人気球団だから、ちょっぴり心配な面もあるけど。ボクと城島の同級生の新井(貴浩、阪神内野手)君もいますし。マスコミのみなさんが気にするようなことにはならないと、ボクが保証します。

 −−もう1人、気になるのは4月で42歳になる金本選手。元日恒例の広島のジムでのトレーニングの後、報道陣に「去年と同じ(成績)なら先が見えてくる」と意味深長な発言をしたが

 田中 金本さんは昨年、一昨年と左ヒザを手術してオフは、からだを鍛えることよりもリハビリに専念していたが、今年は体の状態もいいみたいですし、心配ないでしょう。それとボクは鳥谷にも期待しているんです。リーダーとしての自覚がでてきたし、赤星が引退して、「自分がチームを引っ張っていかなきゃいけない」と平気でいえるようになった。見かけはクールにみえるが、もともとハートは熱い男です。

 −−今年の阪神のキーマンを挙げるとしたら

 田中 ボクの同級生たち。新井はそれなりにやるでしょうが、金村暁(阪神投手)と福原(忍、阪神投手)かな。彼らは今年ダメならと危機感をもってオフを過ごしていますよ。世代交代といわれているが、ここぞというときに頼りになるのは、ベテランの底力。ボクは32歳で現役を引退したけど、同級生の2人には少しでも長くユニホームを着てもらいたいですね。(聞き手 三木建次)

元国税査察官を停職処分=女子中生にわいせつ行為−東京国税局(時事通信)
橋下知事、ベトナム・シンガポールへ出発(読売新聞)
<訃報>前川誠郎さん89歳=元国立西洋美術館長、美術史家(毎日新聞)
自民が7人を追加公認 青木氏も 南部氏は辞退(産経新聞)
<浅川マキさん>ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)

東京地検が石川議員を夜から異例の聴取、4億円不記載疑い(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年に購入した土地をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は15日夜、小沢氏の元私設秘書で陸山会の会計事務担当だった民主党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=に出頭を求め、4回目の事情聴取を始めた。石川氏はこれまでの特捜部の任意聴取に、土地代金は「小沢先生の個人資金」などと供述したとされるが、特捜部はこうした供述が虚偽だった疑いが強いとみて石川氏に対する強制捜査も検討している。

 関係者によると、陸山会は16年10月、東京都世田谷区の土地を約3億4千万円で購入。この際、石川氏は簿外で調達した4億円を土地代金に充てたにもかかわらず、収支報告書に記載しなかった疑いが持たれている。

 小沢氏側は当初、4億円の定期預金を担保に金融機関から借りた4億円を土地代金に充てたと説明していたが、陸山会が土地代金を支払ったのは融資を受ける前だったとされる。特捜部は、定期預金を担保にした融資が土地代金の原資を隠す偽装工作だったとみている。

 石川氏はこれまでの任意聴取に「小沢先生に相談し、小沢先生から4億円を借り、土地代金に充てた」と説明。しかし、特捜部は虚偽説明の疑いが強いとみて、小沢氏本人に対しても参考人聴取に応じるよう要請した。小沢氏は多忙を理由に拒否している。

 こうした状況から、特捜部は土地代金の原資を解明するため、年明けからゼネコン関係者の聴取を再開。13日からは小沢氏の個人事務所のほか、大手ゼネコン「鹿島」など関係先を一斉捜索した。特捜部はこの原資について、水谷建設などゼネコンが小沢氏側に渡した「裏献金」の疑いがあるとみている。

【関連記事】
小沢氏土地疑惑 民主党は問題視せぬのか
裏献金、鹿島が指示か 水谷建設に「あいさつに行った方が」
民主参院幹部「石川氏逮捕なら、小沢氏の進退も」
石川議員、事務所に宿泊?…実は報道陣逃れ深夜に脱出 
石川議員から3回目の聴取 特捜部、陸山会土地疑惑で

横領容疑で元投資会社役員逮捕=2500万円、遊興費に−警視庁(時事通信)
バイク同士接触、小学教諭死亡 大阪・鶴見(産経新聞)
“3人で心中”の容疑者を嘱託殺人罪で起訴(産経新聞)
日米同盟深化、年内に成果…安保50年で首相談話(読売新聞)
<バイアグラ>模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)

取材中に他人の郵便物を開封 TBS系番組で謝罪(産経新聞)

 TBS系の「報道特集NEXT」などで放送された特集番組を作った制作会社の担当者が、詐欺事件の取材過程で他人の郵便物を無断で開封し、中身を見ていたことが15日、分かった。

 TBS広報部によると、特集が放送されたのは、昨年12月5日放送の「報道特集NEXT」と、同8日の「イブニングワイド」。

 両番組では、外国人の男性がかかわっているとみられる詐欺の手口について特集。企画を持ち込んだのは制作会社「APF通信社」で、同通信社の担当者は取材過程で、取材対象の男性の本名を突き止めるため、男性のアパートの郵便受けから公共料金の請求書を抜き取り、シールをめくって中の記載事項を確認した。その後、修復して元に戻したという。

 TBSはこの事実を知らされないまま、同番組を放送。今月14日の「イブニングワイド」で「今後、このようなことが生じないよう全力を尽くしていきたい」などと謝罪した。

【関連記事】
みのもんた、「朝ズバッ!」勧告で謝罪
岡田監督TBS取材拒否を協会が異例の説明
「美人記者」報道でフラッシュが謝罪広告 TBSと和解
TBS「キミハ・ブレイク」収録で深夜に打ち上げ花火 警視庁が注意
清掃シーンはTBSの依頼で撮影 「誤解を与えかねない」と謝罪

声優郷里大輔さん自殺か=「キン肉マン」ロビンマスク役−東京(時事通信)
国土面積増加幅、平成で最小=1年で東京ドーム63個分−地理院(時事通信)
<センター試験>今年も地元志向「就職を意識」(毎日新聞)
国土面積増加幅、平成で最小=1年で東京ドーム63個分−地理院(時事通信)
乗用車がパトカー2台と衝突=公務執行妨害で男逮捕−盗難車で飲酒運転・警視庁(時事通信)

9階から高1男子転落死=那覇(時事通信)

 16日午後10時ごろ、那覇市壺川の市営住宅で「友人が転落した」と119番があった。救急隊員らが駆け付けたところ、2階のひさしに少年が倒れていた。病院に運ばれたが死亡が確認された。
 沖縄県警那覇署などによると、死亡したのは同じ市営住宅の別棟に住む県立高校1年の男子生徒(16)。友人2人と9階通路の手すりから身を乗り出すなどして遊んでいた際に、転落したとみられる。同署は転落経緯などの状況を詳しく調べている。 

【関連ニュース
JICAボランティアが転落死=カンボジア
2人はタクシー運転手=がけ転落死
女子生徒「いじめられている」=自分の携帯に書き込み
女子中生2人、飛び降りか=夏休み最後の日、駐車場6階から転落死

季節に関係なく安全に供給 「野菜工場」に海外から注目(J-CASTニュース)
なぜ?外国人参政権法案で歯切れ悪い自民 反対は多数だが…(産経新聞)
長崎沖現場海中に船影=10人乗り漁船遭難−長崎(時事通信)
おじいちゃん、おばあちゃんの孫への援助は年間75万円(産経新聞)
「裏献金」翌営業日に入金=同額を小沢氏団体口座へ−石川容疑者、土地購入に使用(時事通信)

小沢氏、検察と断固闘う=続投を正式表明−民主党大会(時事通信)

 民主党は16日午後、東京・日比谷公園の日比谷公会堂で党大会を開いた。小沢一郎幹事長はあいさつで、自らの資金管理団体の土地購入をめぐる事件に関し、幹事長を続投する意向を正式に表明した上で、「大会に合わせたかのように(元秘書の)逮捕が行われ、とうてい容認できない。断固として(捜査当局と)闘っていく決意だ」と強調した。
 小沢氏は「鳩山由紀夫首相の気持ちを自らの支えとし、今後とも与えられた職責を全力で果たしていく」と表明。土地購入資金については「何ら不正なお金を充てているわけではない」と述べた。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

小泉被告に死刑求刑…元厚生次官宅の連続襲撃(読売新聞)
橋下知事「首長や議員と新しい政治グループ」 数人が賛同(産経新聞)
<山岳遭難>北岳で収容された遺体は横浜の41歳会社員(毎日新聞)
レトロ列車で出会いの場「婚活2時間半の旅」(読売新聞)
<交通事故>自転車の高2、車にはねられ死亡 愛知・豊川(毎日新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。