So-net無料ブログ作成

前原誠司国交相 父親の自殺を初告白(スポーツ報知)

 民主党・前原誠司国交相(47)が、中学時代に父親が自殺していた事実を公の場で初めて明かした。

 前原氏が“衝撃の告白”をしたのは、NPO法人「京都自殺防止センター(仮称)」が4月に開設されることに先立ち5日に京都市で開かれた自殺対策フォーラムでのビデオ出演。スクリーンに映し出された前原氏は「中学2年の時、父が自殺した。(自殺から)33年たたないと話せなかった」と語った。さらに「(父の自殺は)学校で先生から伝えられた。前日から行方不明だった。母は事情を知っていたと思う。大変だったはずだが、責めたこともあった。申し訳ない」などと当時を振り返った。

 昨年までの国内自殺者は12年連続で3万人超。尊い命が失われ続ける現状を憂い、遺族として「(遺族は肉親の自殺と)向き合うことも大事だが、向き合わない時間も大切。父の死を無駄にしたくない」と語った。

 端正なルックスから「政界の郷ひろみ」と呼ばれ、熱狂的阪神ファンやSLマニアとしても知られるが、05年9月の党代表選直前の演説で母子家庭で育った生い立ちを語り、驚かせたことがあった。建設会社で働く母親に女手一つで育てられ、奨学金を受けて京大を卒業、政治を志した演説内容が、本命とされた菅直人氏を2票差で破るサプライズ勝利につながった、と当時話題になった。


 【関連記事】
前原国交相、高速道路の料金や整備を見直し
前原国交相「政治資金で不動産購入は不適切」
町村氏の挑発に前原氏がキレた…衆院予算委
「中止は政治の責任」と前原氏
民主党 前原誠司 NPO法人 を調べる

上島珈琲、ツイッターで宣伝文を大量送信 2時間で中止(産経新聞)
足湯いいね〜 ほっこり観戦 大阪国際女子マラソン(産経新聞)
パソコン、デジカメ購入か=大学院教授の不正経理−山口大(時事通信)
首都圏連続不審死 「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に(毎日新聞)
<脳細胞>「ひげ」右回り 左右の脳の機能分担生じる原因か(毎日新聞)

ゴーギャン展HPが不正改竄(産経新聞)

 東京国立近代美術館で昨年開催された「ゴーギャン展2009」の公式ホームページが、「ガンブラー」と呼ばれるコンピューターウイルスの亜種に感染し、不正に改竄(かいざん)されていたことが、4日分かった。

 同展を主催したNHKなどによると、不正に改竄された期間は、今年1月3日から2月1日まで。この期間に延べ約1700件の閲覧があり、アクセスした人のパソコンに感染のおそれがあるという。問い合わせは、NHKプロモーション経営企画室(電)03・3485・0036。

【関連記事】
大阪府のスポーツ関連HPも改ざん ガンブラー亜種か
「ガンブラー」被害拡大、OSを常に最新の状態に
改竄ウイルス「ガンブラー」猛威 何が目的、対策は?
「ガンブラー・ウイルス」対策急げ 盗んだID販売目的か
ウイルス「ガンブラー」“猛威” 企業HPの改竄相次ぐ

証明書「元局長から手渡し」=障害者団体元代表が証言−大阪地裁(時事通信)
【中医協】「がん患者リハビリテーション料」を新設(医療介護CBニュース)
「別れさせ屋」野放し、ヤフーが広告掲載中止(読売新聞)
<タミフル>副作用不認定 医薬品機構側が勝訴 岐阜地裁(毎日新聞)
横浜事件 65年…「やっと答え」遺族ら万感 無罪判断(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。